フェイシャル専門店|ニキビ悩み・敏感肌・老化肌を魅せたくなるような素肌へ導く|40歳からの自分ケアに|ダーマロジカ正規店|黄土座器漢方よもぎ蒸し

コラム

2020 / 07 / 13  13:56

コロナ禍の免疫力の上げ方とアレルギーアトピーは腸で変わる!

コロナ禍の免疫力の上げ方とアレルギーアトピーは腸で変わる!

こんにちは魅せ肌コンシェルジュ
澤居寿江です。

 

年齢が若いうちは
「若さ」で健康が保てる!

しかし、
30代は成長ホルモンの低下
40代は女性ホルモンの低下
50代は抗酸化作用の低下

年齢と共に
体は衰えていくことから
これまでのように
あの頃のようにが通用しないことが
増えてきます。

だから、
お肌にもカラダの内側からの
サインとして
トラブルやお悩みが現れるわけです。

そこで
ホルモン・免疫・自律神経
この3つは特に抑えておきたい

健康のキーワードです。

特にこのご時世で
リアルに重要なのは「免疫力」

コロナ禍でも「大丈夫」と思える
感染予防と『腸内環境』を善玉優位にすること!

 

ちなみに、
アトピーやアレルギーは
腸の病気
腸に穴が開いて「高タンパク」な物質が
体内に入り込んじゃう現象ですね。

 

腸に穴があく原因は
炎症を起こす食事ですね。

小麦粉加工食品(パン・麺・お菓子)
乳製品(牛乳・ヨーグルト)
食品添加物など

美味しくて
便利で簡単に食事ができるものばかり

あなたの食生活の
当たり前になっているものばかりでは
ありませんか?

 

この辺って
炎症は抑えたいけど
やめられない・・・と言う
状況や感情がわくところですよね。

結果、
腸は炎症をし続け
下痢症はもちろん

皮膚の敏感化
大腸ポリープ
癌細胞の増加
ダルさ嫌悪感
むくみなど

更には
不安症・不眠症
うつやリューマチ

などなど
アレルギーは当然で
感情や自律神経にも
影響を与えていきます。

 

話は戻り
「免疫」についてですが
カラダ全体の8割
免疫を司っているのは『腸』であり
『腸内細菌』です。

あなたの腸内細菌の環境は
生まれる時にお母さんから受け継いだ
菌の属、種、数で決まります。

そして
母乳からの乳酸菌と
離乳食からの悪玉、日和見菌と
菌を腹に宿していきます。

そしてそれをベースに
食事や環境によって
菌を口にしながら

腸内細菌を腸に宿し
共存をしています。

菌は
私達の腸を宿にし
餌をもらい生命活動をしています。

対して私達は
腸に菌を宿すことで

生命活動に必要な物質を
排出してもらっています。

代表的なのは「短鎖脂肪酸」です。

・腸の炎症を抑えバリアを高める
・糖尿病を抑える
・心筋梗塞を抑える
・喘息アレルギーを抑える
・痩せやすい太りにくくなる

カラダの不調は「炎症」が始まりで
その炎症を抑えることは
腸内環境、腸内細菌のバランスになります。

キーワードは『短鎖脂肪酸』です。

菌を食べること(納豆・発酵食品)
菌の餌を食べることは(食物繊維・オリゴ糖)
とても大切ですが

これは輸血が必要な患者さんに
レバーを食べて血を作りましょう!と
言っているようなものです。

健康な人は良いですけどね。

 

もし
健康にお悩みがあったり
早く改善したい症状がある方

食事を健康志向に改善することが
難しい方には

腸を介さずに
短鎖脂肪酸を高濃度で摂取できる
サプリメントがあります。

『乳酸菌生産物質』
乳酸菌を培養した最新の腸活製品です。

 

とても希少です。まずは6ヶ月オススメです。

 無料で参加できる
腸活の健康セミナーも
ご自身や大切なひとの健康を守るために
正しい知識を得ることの
お役に立てるかと思います。

次回7月17日(金)13:00~

 

 

2020 / 07 / 04  15:39

外出自粛の間に起きる肌トラブルシリーズ③

外出自粛の間に起きる肌トラブルシリーズ③

こんにちは魅せ肌コンシェルジュ
澤居寿江です。

サロントリートメントは現在
お肌トラブルもエイジングケアも
根本はメンタルケアが大事だとの
考えから

 

リラクゼーションをメインに
内容を組み立てております。

 ところで、

最近疲れてる?なんて
近しい人から声をかけられたりしませんか?

疲れている=老けて見える
オブラートに包まれた
優しい投げかけですね。

肌がくすむって
自分でわかりますよね。

透明感がない
黄色っぽい
顔色が暗い
色味が不均一

 

これらの肌状態がまさに
疲れて見えたり老化した見た目にします。

原因は何か?

・お肌の水分不足
・食事からの栄養の欠如
・運動不足

こんなところが関連しています。

 

仕事のスタイルや家庭環境の変化で
ストレスが慢性的に負荷となっている場合

なかなか
健康的なライフスタイルの習慣化が
難しいのかもしれません。

しかし、
お肌の不満も更に気分がめいりますので
そこはどうにかしたいところですね。

スキンケアによる潤いを与えることは
もちろんですが

砂糖で加工された食品を避ける
適度に運動を取り入れる

それから
室内でも気を付けたい光線

・ブルーライト
・日差し
・活性酸素

自宅時間が長いと
メイクをしない。
クレンジングで落とさない。

日焼け止めは程遠い
スキンケアになります。

くすみ取りにオススメなスキンケアは
角質除去

ダーマロジカプロ®︎では

デイリーマイクロフォリエントです。

 

お肌の不必要な角質を取り除くことで
健康的に輝きを見せる
リセットにはもってこいの製品です。

エステでのパワフルな除去もオススメですが

日々のコツコツ除去は
それに勝る美肌の秘訣かもしれませんね。

 

 

2020 / 06 / 29  13:43

外出自粛の間に起きる肌トラブルシリーズ②

外出自粛の間に起きる肌トラブルシリーズ②

こんにちは魅せ肌コンシェルジュ澤居寿江です。

前回は、
コロナ禍におけるお肌トラブルとして
にきびの原因と対策をお伝えしました。

今回は『敏感』

「お肌が敏感になってる」と感じる症状として
・かゆい、ヒリヒリする傾向
・水分不足の乾燥やつっぱり感を感じる
があります。

本来は

肌の水分量低下

あかみ

かゆみヒリヒリと進行形だったりします。

 

ところが精神的な『ストレス』が
慢性的に加わると
皮膚のバリア機能を失ってしまうことがあります。

 

 

これは体の組織に何かしら負荷がかかり
本来あるべき状態を乱してしまう作用。

 

 

体を正常に保とうとするための
ホルモンや自律神経のバランスが崩れるためです。

 

お肌で起こる現象としては
肌のバリアはそもそも

・水分保持
・刺激からの防御
などの働きがあるのですが

それが損なわれると急速に
肌から水分は蒸散し

水分不足に陥り敏感になりやすくなります。

 

 

敏感な肌とは普通なら大丈夫なはずの

温かいを「熱い」と感じたり
化粧品が浸透して潤う状態を
「しみる」と感じたり

 

有効成分でお肌が活性するところを
「刺激」となることです。

 

 

このような状態の時には
とにかく肌を保湿することが不可欠で

 

お水を飲む水分補給も大事ですし
肌の鎮静もできる効果の高い

保湿製品を使うことがオススメです。

 

 

ダーマロジカプロ製品では
カームウォータージェル

(敏感肌シリーズ)がオススメです。

 

 

それから、

敏感な肌状態の時は
とにかくシンプルなスキンケアが必須ですが

精神的に不安になって
ついつい

 

色々な宣伝広告や口コミ踊らされて
複数の化粧品を購入使用しがちになります。

 

 

浸透をしみる
活性を刺激と感じる肌です。

スキンケアの品目は最小限に抑えましょう。

何より

自分の肌状態に合わせた製品を
一貫してルーティーンで使うことを

切にご提案いたします。

 

 

 

2020 / 06 / 27  17:28

外出自粛の間に起きる肌トラブルシリーズ①

外出自粛の間に起きる肌トラブルシリーズ①

魅せ肌コンシェルジュ
澤居寿江です。

新型コロナによる
新しい生活の様式が始まり

にきびでお悩みの方に向けた
原因と対策をお話します。

 

そもそもにきびにおいては
原因となりうることが
幾つにも重なり、

これだ!と言うたった一つの原因ではないことが
一般的です。

 

その中でも
「ストレス」は大きな要因となります。

慢性的ストレスは
にきびを引き起こす
関連のホルモンの増加を引き起こし

皮脂分泌を過剰にします。

そして、
にきびの原因となる細菌も増殖します。

元々は皮膚に住み着く常在菌ですが
マスクで密閉された高湿度な環境と
皮脂が増えることは

細菌にとって絶好の場所となります。

増殖した細菌によって
毛穴は刺激されて
炎症にきび(赤く膨れる)へ発展します。

マスクは使用するたびに洗う
衛生管理がまずは対策のひとつです。

その他にきび対策としては
抗菌作用のあるスキンケア

ダーマロジカプロ®︎化粧品では

・ブレイクアウトコントロール
・アクティブクレンザー

この辺がオススメです。

これはあくまで
皮脂分泌の過剰による
にきび悩みですから

肌質によって
またコンディションによっては
別の対策となります。

ぜひご相談ください。

また、
ストレス性の皮脂分泌過剰には

食生活の乱れも影響してきます。

甘いモノを欲する
小麦粉加工食品が続く
添加物や酸化油脂の摂取など

腸内環境の悪化が
お肌にサインとして出てきますので

その辺は大いに気をつけたいところですね。

 

2020 / 06 / 27  17:11

外出自粛の間に起きる肌トラブルシリーズ化

外出自粛の間に起きる肌トラブルシリーズ化

魅せ肌コンシェルジュ
澤居寿江です。

6月より
サロンでも予約が埋まり

久しぶりに
お客様達と再会をしています。
3ヶ月ぶり・・・とか。

 

新型コロナウイルスによる
外出自粛や新しい生活の様式となり
お肌に変化はありましたでしょうか?

 

リモートワークによる
自宅勤務から

化粧(メイク)をしなくなって
肌の調子が良いとか

時間にゆとりができて
スキンケアにも気が向くようになった。

また、
外出が減り
紫外線を浴びない

通勤のストレスが軽減

お肌の調子が良くなった人もいます。

 

その逆で

変わらない通勤ストレスや
ライフスタイルの変化による混乱から

ニキビ・吹き出物
かさつき
くすみ
敏感さなどから

肌表面が整わない不調も
あるようです。

また、

出勤が再開し
マスク着用時間が増える

マスクの中が蒸れる

マスクが擦れるなど

自粛後に肌に負荷がかかっている事も。

これからシリーズで

・ニキビ
・敏感
・くすみ、お疲れ肌

原因と対策をお知らせしていきます。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...